消費者庁の冊子は、高校生だけでなく大人も参考になる

消費者庁の資料から見る消費者金融の比較ポイント

消費者庁の資料から見る消費者金融の比較ポイント

消費者庁は、消費者金融のトラブルを未然に防ぐために高校生向けの冊子「21世紀をたくましく 消費者金融編」を発行しています。消費者庁のホームページから誰でもダウンロードできます。教える側の先生用に指導書も配布されています。その指導書には、教えるべきポイントや、高校生に自ら考えさせる課題について解説されています。高校生向けなので、簡単な説明になっていますし、漫画も添えられて、ページ数も18ページしかありません。大人が読むには少し物足りないと思うかもしれません。


しかし、この冊子は、とてもよくできていて、消費や借金の意味、返済について理解しやすく書かれています。社会人になっても、返済はお金を返すことだとは知っていても、金利に差がある理由や、無担保・無保証になっている理由など説明できないと思います。なので、ぜひ、この冊子で、基本を理解した上で消費者金融のホームページや比較をすると、どこがメリットなのか、自分にとって返済しやすいのはどこなのかが見えてきます。


本当に自分にとって必要な借金なのか、また、現実的に返済できる金額なのか、万が一、返済が滞るとどうなるのかなどしっかり考えて賢く消費者金融を利用しましょう。


消費者庁の資料から見る消費者金融の比較ポイント

消費者庁が消費者金融利用について注意していること

消費者庁が呼びかける消費者金融についての注意すべきこと

消費者庁のデータからみる消費者金融

消費者庁は消費者金融の実態をどう見ているのでしょうか